October 6, 2019

私たちの体の細胞は37兆個ほどと言われています。その細胞ひとつひとつは細胞膜で囲まれており、主要な構成成分はリン脂質という脂質です。細胞膜は単に細胞を隔てる役割だけでなく、血液によって運ばれてきた物質を能動的または受動的に細胞内に取り込んだり、細胞の物性を保ったり、細胞同士のコミ...

September 25, 2019

雑誌クロワッサン10月10日号『日々の習慣で、不調を解消。』に代表地曳の記事が載りました。

脂肪酸検査もご紹介いただいておりますので、ぜひご覧ください。

 料理家の溝口恵子さんとの対談形式で、脂肪酸検査のご紹介もいただきました。

体調や目的に合わせたオイルと食材を選んだレシピも8品載っ...

February 2, 2019

糖尿病の病態基盤にはインスリン抵抗性があります。インスリン抵抗性があると、血液中の糖を肝臓や筋肉が取り込めないため、血糖値が下がらず、糖尿病の発症に繋がります。 高血糖は血管に障害を与え、動脈硬化や心筋梗塞、心不全、脳梗塞など重篤な血管系疾患のリスクを高めることが知られています。...

October 22, 2018

10/20(土)、脂質セミナー『脂質とアレルギー・炎症性疾患制御 ~メカニズムと臨床~』 を開催しました。

今回は、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の國澤純先生と細木病院 皮膚科・形成外科医の野田理香先生にご講演いただきました。

以下、ご講演内容のまとめです。

國澤先生 『...

October 14, 2018

「酸化した油(酸化脂質を含む油)を摂取すると病気になる?」との質問をよく頂きます。ただ、「酸化脂質は消化管で還元されるため、超過剰に摂取しない限り、この可能性は低い」が私達研究者の一般的な考え方と思います。 これと似た話、例えば「酸化ストレスにより私達の体に酸化脂質がたまると病...

September 14, 2018

脂質は生体膜成分、エネルギー源、シグナル分子として多彩な役割を担う生体分子であり、その多様性が様々な生命現象や機能制御に関わっていることが類推されていますが、その分子実体やメカニズムについては不明な点が多く残されています。  一方で…

August 8, 2018

脂肪酸は体内でエネルギー源になるだけでなく、細胞膜や脂質メディエーター(体を調整する脂質)の原料となるという重要な働きを担っています。 細胞膜は構成する脂肪酸の種類によって状態が変わります。二重結合の多い脂肪酸の割合が多いと…

April 11, 2018

理事の守口徹先生がテレビ出演します。 4/11(水) 午後6時55分〜 テレビ東京『ソレダメ! アナタの常識は、非常識。』◎油は人間にとって必要不可欠の真相とは?

March 23, 2018

昨年から海外の研究所と準備を進めていた自己採血による脂肪酸測定をいよいよスタートします。 この測定は、血液検査キットを使ってご自身で血液数滴をろ紙に垂らしていただき、そのろ紙を海外の検査機関へ送る方法です。 結果は2週間〜3週間後にメールでお知らせします。

February 27, 2018

理事の菅原道仁先生が夕刊フジの人気連載『ブラックジャックを探せ』に掲載されました。 菅原先生は脳神経外科医ですが、予防にとても力を入れており、食事や生活習慣などの指導もされています。食事指導では脂質を重要視されていて、診察にも動脈硬化の指標として脂肪酸分画検査を取り入れています。...

Please reload

最近の投稿
Please reload

アーカイブ
Please reload