脂質とアレルギーセミナー開催レポート

10/20(土)、脂質セミナー『脂質とアレルギー・炎症性疾患制御 ~メカニズムと臨床~』 を開催しました。 今回は、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の國澤純先生と細木病院 皮膚科・形成外科医の野田理香先生にご講演いただきました。 以下、ご講演内容のまとめです。 國澤先生 『食用油によって形成される腸内環境とあなたの健康未来』 ◎卵を食べると下痢をする食物アレルギーモデルのマウスを使った研究 通常のマウスの餌は大豆油が4%含まれる。それを亜麻仁油4%に変えたら下痢をしなくなった。 腸には多くの免疫細胞があるが、マウスの腸管組織を調べたら免疫細胞のところにα-リノレン酸が蓄積されていた。(大豆油入りの餌の場合は、同所にリノール酸が蓄積) 更に、EPAと、エポキシ化したEPA(17,18EpETE)も増加していた。 そこで、化学合成した17,18EpETEを食物アレルギーモデルマウスに与えたところ、亜麻仁油と同様アレルギーが改善。 では、他の組織ではどうか? →鼻炎モデル、接触皮膚炎モデルも17,18EpETEで改善。霊長類(サル)でも、塗布、経口、注射ともに有効。 =腸管から見つかった物質だが、食物アレルギーだけでなく花粉症やアトピー性皮膚炎にも有効の可能性大 近年乳幼児期からの食物アレルギーが増加、社会的問題に。 母乳との関係は? →母マウスを亜麻仁油で飼育すると、その母から生まれた子のアレルギーが抑制できる。 →母乳中に17,18EpETEが含まれていることを確認。受容体の同定済み。マウスだけでなくヒト受容体にも強く反応することも確認。 →妊娠・授乳中にα-リノレン

12/15(土) 脂質の酸化に関する勉強会を開催します

「酸化した油(酸化脂質を含む油)を摂取すると病気になる?」との質問をよく頂きます。ただ、「酸化脂質は消化管で還元されるため、超過剰に摂取しない限り、この可能性は低い」が私達研究者の一般的な考え方と思います。 これと似た話、例えば「酸化ストレスにより私達の体に酸化脂質がたまると病