3/3(日) 糖・脂質代謝の勉強会を開催します

糖尿病の病態基盤にはインスリン抵抗性があります。インスリン抵抗性があると、血液中の糖を肝臓や筋肉が取り込めないため、血糖値が下がらず、糖尿病の発症に繋がります。 高血糖は血管に障害を与え、動脈硬化や心筋梗塞、心不全、脳梗塞など重篤な血管系疾患のリスクを高めることが知られています。