理事の菅原先生が『ブラックジャックを探せ』に掲載されました

 

理事の菅原道仁先生が夕刊フジの人気連載『ブラックジャックを探せ』に掲載されました。

 

 

 

 

web版はこちら

 

 

菅原先生は脳神経外科医ですが、予防にとても力を入れており、食事や生活習慣などの指導もされています。

食事指導では脂質を重要視されていて、診察にも動脈硬化の指標として脂肪酸分画検査を取り入れています。

 

脳にとって重要な働きをする脂質といえばDHAですが、脳の疾患には動脈硬化や炎症が深く関わっているので、EPA/AA比は脳疾患リスクの指標ともなります。

脂肪酸4分画検査をすればDHAの量もEPA/AA比もわかるので、脳の機能を保つためにも、脳梗塞や心筋梗塞、心不全など重篤な疾患を防ぐためにも、予防としての脂肪酸測定がもっと一般的になることを望み、協会としても取り組んで行きたいと思います。





 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最近の投稿
Please reload

アーカイブ
Please reload